2010年06月10日

目指せ、切れいな攻め!

私自身の第14期狼将棋リーグ戦最終局。
相手は安倍さん。

ここまで1勝3敗なので負け越しは決定していましたが、勝って2勝にしておきたいところ。

blogup_006_1.png

やはりというべきか、相居飛車になりました。このあたりのところは攻めも守りも理想の形になったので、やや作戦勝ちといったところでしょうか。後手ながら攻めの主導権も握っているので指しやすい感じはしていました。

とはいえ、▲5六歩とされるとこちらも攻めにくくなるので攻めのタイミングはいつでもいいわけではありません。


本譜は▲5六歩と指されてから仕掛けてしまい、角の牽制がもろに利く形となってしまった結果、、、

blogup_006_2.png

このあたりでは後手やや切れ模様。。。

blogup_006_3.png

もうほとんど諦めているところに、先手にミスが出ました。△7四飛で両取りです。この銀ただ取りが大きく、何とか攻めをつないで勝つことが出来ました。

珍しく序盤で良くなったと思いましたが、第50手目の図をよくよく見てみるとそれほど後手有利でもないのかもしれません。確かに後手は攻めの理想形を築いていますが、例えば次に▲6八金右△6五歩となったとしても攻めきれる自信はあまりありません。矢倉の将棋で先手が攻め形を作って、後手が矢倉+4二銀みたいな形で4枚で守ることがありますが、あれと同じような感じなんでしょうか。

う〜ん、しかしこういうときにも切れない攻めが出来るようになりたいもんですね。。。
ラベル:リーグ戦 将棋
posted by きらり at 23:10| Comment(2) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

見えてきた一筋の光

昨日はリーグ戦で初参加のつんくさんとの対局でした。

元々将棋板との対抗戦がきっかけでリーグに参加されていて、かなりの強豪だということは知ってたんですが、まさかの大惨敗を喫してしまいました。

blogup_005_1.png

相振り飛車そしてまさかの相左玉という展開に。


序盤でこちらが突っ込んで有利になる順があったようですが、私は攻め120%を名乗ってる割に序盤での無茶をあまりしないタイプなので全く考えてませんでした。

まあそれはいいとして・・・

blogup_005_2.png

何だかよくわからない内に攻めの理想形を築かれてしまい、、、


必死に防戦するも圧倒され、下図にて投了となりました。

blogup_005_3.png


三好さんとの対局の敗戦でも感じていたことですが、私はどうも序盤に難があるらしい。そして本対局でそれがなぜなのかはっきりしました。

それは将棋というのは相手があってこそだということ。自分が始めから左玉をするんだといってそれに固執してはいけない。あくまで相手の形を見て判断しないと。

確かに私はこれまで相手が居飛車にするか振り飛車にするかを見てから、自分がどうするかを決めてきました。これは相手を見て将棋をしていることに他なりません。しかし居飛車か振り飛車かが決定したその先、細かい形の違いなどは気にしていなかったのです。

最も得意だと思っていた相振り飛車での敗戦が、忘れていた基本的なことを思い出させてくれた気がします。手痛い敗戦でしたが、この敗戦はこれから私が進む道を照らしてくれる希望の光なんだと前向きに捉えたいと思います。
ラベル:将棋 リーグ戦
posted by きらり at 22:28| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

きらりの頭脳 ― 目次

    序盤編
      序盤の考え方
      定跡
    中盤編
      中盤の考え方
      形勢判断
      手筋
    終盤編
      終盤の考え方
      寄せ
        詰将棋

ありきたりですがこんな内容を書いていけたらなあと・・・。更新の頻度としては日記的な記事の合間にちょこちょこ挟む感じでのんびりとやっていくつもりです。

あと、講座とは銘打ってますが、あくまで一個人の考えを書いただけでこれが絶対というわけではないので、読むときはそこに注意して読んでください^^;

ラベル:将棋講座
posted by きらり at 21:33| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。