2011年07月05日

サークル対抗戦(VSさざんか将棋倶楽部) 後編

前編を更新してから早3ヶ月、すでに対局の記憶も妄想博物館に展示され始めてはいるけれど、書くことにしよう。
確か前回は、相振りの少し変わった駒組みが終わり、そろそろ駒がぶつかろうというところだったね。

006.png

そうそう、▲6五歩まで だった。
まだ居玉だからこの玉が右に行くのか左に行くのか、それとも居玉のままなのか、この玉の行く末が後編のハイ
ライトといってもいいね。


△4四歩▲4八玉△4五歩▲8六飛△3四歩▲2六銀△5四歩

007.png


早速玉の行く末決まってしまったんかーい\(^o^)/
…っていうのは置いといて、飛車を浮いたのは、7六の歩にひもを付け6七の銀を自由にさせ、後手の飛車を圧迫
する狙い。相手もそれは許さないと△5四歩と突いて来たね。

ここがおそらく一番の考えどころで、勝負の8割は決まってしまう。
というわけで本局最長の時間を使って考えるのだけど、さすがに加藤先生のように一手に4時間も5時間も使えない。それだとウルトラマンが何回エネルギー切れになるか分かったものじゃない。

予定通り▲6六銀とするか、それとも別の手か・・・。


僕の脳内↓

▲6六銀と▲6六角で迷う。・・・けど小春が可愛すぎる。▲6六銀だと、△3一角▲7五銀と進んで銀角交換
できそうだけど、その後が怖い。しかも小春も可愛い。



と紆余曲折があって、▲6六銀は記憶の彼方に埋没させることになった。



▲6六角△3一角▲7五歩△同角▲同角△同飛▲3二角△5五角

008.png


結局選んだのは▲6六角。これはおそらく常人には思いつかないような手で変態流を窮めたものだけが指せる手
だと自負している。
相手は当然△3一角としてくるけど、そこからは両者当然のように読んでいる手が流れていく。ここからは
自分の大局観が間違っていなかったのかが試されるところだね。

▲3二角に△5五角。この手も当然読めていたけど、いざ指されてみて、
あれ、次に▲7七角成ってどうなんだろ。。と、実際それをやられて困るかどうか詳細なところまで読み
きれてないのだけども、自玉がとてつもなく薄いことで少しでも手がつくと早いので怖くなった。


▲7六銀△7四飛▲2一角成△9九角成▲1一馬△5五馬

009.png


7六銀はホント思い付き。まあ先手取れるし65飛なんて手も消せるし、飛車や角をバシバシ切ってくるような
早い手がなければこれで一安心☆カナ


▲3七銀△6六馬▲7七香△9四飛▲9六桂△3五歩▲7五銀

010.png


さて1九の香をどう受けようか、という考えは▲7五香や▲5六香、▲3三馬、▲6七桂といった攻め重視な手
の中を散々逡巡してから思い至った考えであるけども、ここは大人しく3七銀と引いておくことにした。

そういえば私事ではあるけど、最近別の人格が受け60%同盟というものに加入していて、時々その人格をわざと
憑依させている。まさに今の3七銀がそれ。でもそれが別人格というものでしか出てこない時点で、実際の
棋風は受け将棋とはほど遠いものなんだろうけどね。棋風を無理やり矯正するような指し方は将棋を素直に
楽しめなくなる気がするし、これまであまりやりたくは無かったのだけれど、新しい世界ってのはそうやって
切り開いていくものだと思うし、もしそれでうまくいかなくて元に戻ってきたとしても、それは元の世界が
自分の世界なんだという確信をもたらしてくれる。


△6六馬には▲7五香と上に打つか、▲7九香や▲7七香と下から打つかのどれかしか無い気がするけど、結局
▲7七香を選んだ。質駒になりやすい位置だけど、7五は飛車逃げられた後香車が働かないし、7八や7九だと
69の金が自由に動けない。・・・気がする。ってもう1分将棋なんだよね、あまり考える余裕が無い。

△9四飛は何かのときに香車が飛車に直射するのを避けると同時に、次に△7七馬を狙ってるね。こんなことなら
香車は7八か7九に打つんだった・・・と後悔したかしなかったかはあまり覚えて無いんだけど、次の▲9六桂が
わりと感触のいい手だった。

いいねいいね、攻めてるね受けてるね、攻め60%だね。






とまあ、その後も結構いい感じに攻めて一時必勝形(下図)になったんだけど、相手の粘りと華麗な詰まされ方で
負けてしまった・・・。

011.png


さすがにショックがでかくて、このときばかりは将棋っていったい何だろう、と自問自答せずにはいられなかった。
このとき狼将棋のあるメンバーに将棋とは何なのかを聞いてみたんだけど、将棋とはそれ自体がとても魅力溢れ
るもので他の言葉で言い表すことは出来ないし、その必要もないとのことだった。


でもここは逢えて別の言葉で言い表してみようと思う。


あくまで今の自分にとっての将棋なのだけども、
”将棋とは酒のようなもの”だと思う。

それ自体とても美味しいし会話を弾ませてくれるけれど、中毒性もあってあまり度が過ぎると体に良くない。
そして飲み終わった後は二日酔いしたりもする。


だけど、また飲みたくなるのだ。

何度二日酔いに悩まされようとも。

あの美味しさを求めてしまうのだ。



あ、ところでこのブログだけど、今回で終わりにしようと思う。


次は前のブログ(FC2)にまた戻ることにする。
理由は単純にここ(Seesaa)が重いからっていうのと、∞(Infinity)なんて所詮は幻想でしかないと悟ったから。
将棋はとてつもない可能性があるけれど、そこには所詮は有限の世界しかない。
現実の人間社会だって有限の世界だ。

でも有限だからこそ、面白いんじゃないのかな。





ああ、小春可愛い。。。



開始日時:2011/04/09 21:43:32
棋戦:レーティング対局室
先手:きらり
後手:相手

▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △3五歩 ▲7八銀 △3二飛
▲6七銀 △4二銀 ▲8六歩 △3六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲3七歩 △3四飛 ▲7七角 △2四飛 ▲4八銀 △6二玉
▲3六歩 △7二玉 ▲3七銀 △5二金左 ▲4六銀 △8二玉
▲3五銀 △7四飛 ▲8八飛 △7二銀 ▲3八金 △1四歩
▲8五歩 △3三銀 ▲6五歩 △4四歩 ▲4八玉 △4五歩
▲8六飛 △3四歩 ▲2六銀 △5四歩 ▲6六角 △3一角
▲7五歩 △同 角 ▲同 角 △同 飛 ▲3二角 △5五角
▲7六銀 △7四飛 ▲2一角成 △9九角成 ▲1一馬 △5五馬
▲3七銀 △6六馬 ▲7七香 △9四飛 ▲9六桂 △3五歩
▲7五銀 △5五馬 ▲8四歩 △同 歩 ▲同 桂 △8三銀
▲7二歩 △8五歩 ▲同 飛 △3六歩 ▲2八銀 △4二銀
▲5五馬 △同 歩 ▲4一角 △6七角 ▲8八飛 △8七歩
▲同 飛 △8六歩 ▲同 飛 △8五香 ▲6六飛 △8九角成
▲6四歩 △同 歩 ▲6二歩 △同金上 ▲6三歩 △同金左
▲7一歩成 △5二桂 ▲8一と △同 玉 ▲7八歩 △8四銀
▲同 銀 △同 飛 ▲7五桂 △5三金寄 ▲6三銀 △6一金
▲5二銀成 △同金上 ▲9六桂 △8二飛 ▲3六飛 △5一金
▲8三歩 △6二飛 ▲8五角成 △9八馬 ▲6三桂成 △同 飛
▲8四香 △7二玉 ▲8二歩成 △6二玉 ▲8三香成 △4四桂
▲7三成香 △5二玉 ▲6三成香 △同 金 ▲3四飛 △4三馬
▲7二飛 △6二銀 ▲1四飛 △5六歩 ▲7三香成 △5三馬
▲6三成香 △同 馬 ▲同 馬 △同 玉 ▲7四角 △5三玉
▲5八金 △5四香 ▲5六歩 △6三銀打 ▲3四金 △5二桂
▲6三角成 △同 銀 ▲7三飛成 △9五角 ▲8四歩 △6二金
▲7一龍 △5七歩 ▲同 金 △5六香 ▲4四金 △同 桂
▲3七銀 △5七香成 ▲3九玉 △6六角 ▲2八玉 △3六歩
▲5四歩 △同 銀 ▲7二と △3七歩成 ▲同 玉 △5九角成
▲4八桂 △同 馬 ▲同 金 △3六金 ▲2八玉 △3九銀
まで174手で後手の勝ち
ラベル:将棋
posted by きらり at 22:24| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

サークル対抗戦(VSさざんか将棋倶楽部) 前編

何かホント久しぶりな感じ。
年始だったり年度始めだったり、自分はそういう時だけブログ症にかかるみたい。

そういや先週、自分も出場していた将棋倶楽部24の名人戦本戦が2つの意味で終わったんだけど、その締め
となる名人挑戦者決定戦(事情は知らないけど事実上の名人決定戦)の死闘が、七段・八段とかいう巨大な化
け物たちの間で(しかも東京の街中で)、繰り広げられ人々は熱狂していたらしい。
で、一方大阪の街はというと、何事も無く平穏無事・・・であるはずもなく、サザンカと狼という一見奇妙な取り
合わせに人々はこれまた熱狂していたらしい。

その熱狂振りはサッカーワールドカップ決勝さながら、かどうかは置いといて、このサザンカ、その名前と出で
立ちからは想像できないような精鋭揃いなんだなこれが。
六段を筆頭に、五段、四段、三段・・・と、ハロプロで言えば安倍なつみ!!後藤真希!!久住小春!!が
揃い踏みで出てきたような豪華さ。
ってあれ、これってモーニング娘。誕生10年記念隊だね・・・w。

ところで何でこの対戦が実現したかって話だけど、遡ること約1ヶ月前 ― それは名人戦本戦でのこと。
サザンカの管理人?のアヤッペさんとの対局後の感想戦で、お互い所属しているサークルのことを認知してて
リレー将棋大会で当たったことあるよね、ってな話になって、対抗戦をヤラナイカと持ちかけたってわけ。
まあ前々からどこかのサークルと対抗戦でもやりたいって話はしてたしねぇ。

対戦の組み合わせは、当日お互いの参加メンバーが集まってから決めるということだったから、色々ドタバタ
したりもしたけど、まあ何とか組み合わせが決定。
自分の対局相手は棋力がほぼ同じの2、3段くらいの人。

対抗戦とか大会だと、以前は心臓が飛び出るほど緊張していたものだけど、今はもうそんなことは無い。
それは成長の証であると素直に喜ぶべきなんだろうけど、一方で対局中の集中力が以前ほど無くなっているの
を実感していて、それがまた別の不安を呼び起こさせるものとなっていたのよ。

まあ何はともあれ対局始めましょ。


自分が先手番となったのだ(ё)。

ちなみに自分の直近のR戦績は6勝14敗(勝率0.300)。そのうち先手番の戦績は3勝9敗(勝率0.250)。
だから何だって話だけどねw


▲7六歩△3四歩▲6六歩

001.png


先手なら最近はほとんどこの出だしにしている気がする。3手目5六歩はもう封印したし、対抗形嫌いな自分として
はこの段階で作戦を明らかにしたくないしね。

そういやアヤッペさんとの対局もこんな感じの出だしから始まったけど、そのときは自分が後手番で相手が端歩を
突いてきて先後入れ替えみたいになって、早々に右四間飛車っぽくなったな。
自分がみぎし苦手なの知ってたのかな・・・。まあ今度聞いてみよ。

ああっとちょっと話が脱線したけど、本譜はここから△3五歩と指されたんだよね。以前なら素っ裸で道頓堀に
飛び込んじゃうくらい喜びそうな手だけど、最近の相振りの戦績を見てると全く素直に喜べない。
まるで自分も観戦者の一人にでもなったかのように「ほほう相振りか」と呟いてた。


▲7八銀△3二飛▲6七銀△4二銀▲8六歩△3六歩▲同歩△同飛▲3七歩△3四飛▲7七角△2四飛

002.png


ここら辺は定跡っぽく進んでるなーとか思ってたら、次の△2四飛でびっくらこいた。何か以前1回だけこう
いう手を見たことがある気がするんだけど、思い出せないからまあいいやw
いつも全く事前研究なしの将棋を指しなれてる自分としては、この手が前例のあるものであろうがなかろうが、自分に
とっては手将棋っぽく見えるし面白くてありがたい。


▲4八銀△6二玉▲3六歩△7二玉▲3七銀△5二金左▲4六銀

003.png


とにかくすぐに飛車を回れないもんだから、ちょっとした準備が必要なわけで、まずは2四にいる飛車を
どうにか苛められないかと思って銀を繰り出す。
最近は相振り、特にここ一番の大勝負のときには、2枚の銀が上部にスルスルと出てきて相手の攻め駒を
押さえ込む、名づけてツインシルバーアタック!?
が私のソニックブーム、いやマイブームなのでつ。


△8二玉▲3五銀△7四飛

004.png


この7四飛はすぐに何かあるわけじゃないけど、角頭を狙ってるし先手の銀を縛り付けておく
いわばけん制の手。・・・だと思う。


▲8八飛△7二銀

005.png


ようやく念願の飛車回りを実現したと思ったら、相手はもう美濃を完成させちゃったよ。
こちらの玉さんは一歩も動いてらっしゃらないんだけどw
そもそもどっちに行くかも全く考えてないわけで、こりゃ居玉もありうるかな。
まあとりあえず玉さんの行く末は保留にしておいて、攻め隊攻め隊。


▲3八金△1四歩▲8五歩△3三銀▲6五歩

006.png


この6五歩は相手の角道が止まったタイミングでの突き出しで爽快ハッピーな手。
ここで6四歩とされるのを恐れていなかったわけじゃないけども、飛車が狭くなるし8割がた
やってこないだろうといつも通りの楽観的思考。



おっと、ここで紙面の都合上いったん終わりだ。
何か言葉遣いが以前と変わってるのは書くのが久しぶりだということで許していただきたい。

それでは続きはWebで♪


posted by きらり at 22:48| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

明けました?

しばらく更新していませんでしたが、
あけましてオメデトウ御座います。。。


今年はもっと更新するつもりなので皆さん見捨てないで
見に来てくださいね〜。
posted by きらり at 00:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

ハイパーリスキーモード発動

今日はリレー将棋危チーム本戦3回戦です。
スイーツも倍の1600円。そろそろ恐怖の領域に入ってきました。

sweets6_1.JPG

本当は堂島ロールにする予定だったんですが、両チーム敗退(同時魔)というシナリオが浮かんだので神戸ロールにしました。
神の戸なんて縁起がいいよね〜。


sweets6_2.JPG

でもう一個がイチゴとミルクのプリン。


一人でこんなに食べられるのかと不安はありますが、これは捨てられませんね。
いや、必ず食べます!

ラベル:リレー将棋
posted by きらり at 20:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

勝利の美スイーツ!

やったーーー!!

リレー勝ちました!

始まる前はドタバタしててブログ書く時間がなかったので
今さらですがスイーツ(800円分)を載せます。

sweets5.JPG


これを見てまずそうと思うかまずそうと思うかはあなた次第・・・。

posted by きらり at 23:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

もはやスイーツじゃない・・・

今日はリレー将棋で歩チームの予選3回戦があります。


というわけで今回も何か食べ物で応援することに。

コロッケカツカレー

コロッケとトンカツを使用した贅沢なカレーを作ってみました。


100円ちょっとしか掛かってないので、
スイーツ倍々とは関係ないということで・・・。


カツを食えば必ず勝てる!

・・・って自分が食ってもしゃーないかw




まずはここを勝って
けっしょうで会おうぜ!
なんたって狼軍なんだから
どんな難局も乗り越えられえるはず!
あやちょ〜
りんり〜ん
えりり〜ん
なっち〜
いっけー!!!


ラベル:リレー将棋
posted by きらり at 20:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

キューティースイーツ隊

今日は大生軍、明日は歩チームのリレー将棋があります。

自分はどちらも観戦に行けそうもないので、
このような形でですが応援しています。


sweets3.JPG

必殺400円スイーツコンボ!!

ラベル:リレー将棋
posted by きらり at 11:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

梅作戦

リレー将棋予選第1試合に勝利したチーム危。
本日早くも第2試合の日がやってきた。

当然、スイーツも前回の倍の200円分を用意しなければならない。

だが昨日うっかり「無難に梅のスイーツにする」などと言ったのが悪手だった。
コンビニやスーパー、洋菓子屋などを探しても全くそのようなものは無いのだ。


私はある結論に辿り着いた。

「梅スイーツなどというものはこの世に存在しない」

一般に、ある事が存在しないことを証明するにはすべての可能性を調べ上げなければならず
ほとんど不可能な証明なのだが、今日私は何十もの店を回ったのでこのように確信することが出来たのだ。


そこで、梅スイーツの代わりになる物を用意することにした。
スイーツと呼べるのかは不明だが・・・。

sweets2.JPG


今日はとんでもない事が起きます。
皆さんお楽しみに。

posted by きらり at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

俺たちのリレー将棋開幕


今日はリレー将棋でいよいよ我らが危チームの対局があります。


strawberry.JPG

まずは100円
今年は自分がスイーツ担当なのでよろしく!
ラベル:狼将棋
posted by きらり at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

さてどうなりますかな

久しぶりにブログを書きます。


リレーのチーム分け、そしてチーム名が決定しました!

チーム名はずばりモ娘(狼)軍チーム歩モ娘(狼)軍チーム危(どうしてこの名前になったのかは秘密)。念願の複数チーム出場です。

そして私はチーム危のリーダーをさせていただくことになりました。
こんな頼りないリーダーでいいのかしら・・・。


最近あまり将棋を指す気力が無くスランプみたいになってますが、リレー本番までには調子を取り戻していきたいなぁ。

posted by きらり at 23:02| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。