2010年05月28日

ネット将棋がリアルな感覚で指せる日も近い?

巷ではiPadが日本国内で発売されたと騒いでますね。


ITmediaの記事:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/28/news020.html
MSN産経の記事:http://sankei.jp.msn.com/economy/it/100528/its1005282111003-n1.htm


アメリカではすでに100万台以上売れているとか。まるで本を読むように電子書籍を見れるのも魅力ですし、ベッドの上で寝転がってネットをするといったことがノートPC以上にやりやすくなりますね。

でもノートPCで十分じゃんといえばそれも一理ある話。当たり前のことですが、結局はお金と自分の利用方法を照らし合わせて購入するかどうか決めることになりますね。私はお金が無い上、新しい物にすぐ飛びつく方でもないので暫くは様子見です。


ところで、将棋指し兼プログラマーとしては、iPadで将棋を指すとどうなるのかが非常に気になるところです。すでにiPad向けアプリとしては柿木将棋や森田将棋がリリースされているようですが、操作方法の面でユーザーから散々なコメントも見受けられますね・・・。多分今のところ、他の環境で開発済みのものを単に移植しただけなんでしょうかね。


柿木将棋 for iPad:http://itunes.apple.com/jp/app/id373258797?mt=8
森田将棋:http://itunes.apple.com/jp/app/morita-shogi/id321481333?mt=8


iPad版で考えられる新機能としては、

・リアルな操作性(まるで実際に駒を持ってるように指せる)
・指圧による駒音の調節機能(強くタップすれば駒音大)
・ちゃぶ台返し(負けそうになったらiPadをひっくり返す)


等が考えられますね。

まあ、※1タッチパネル、加速度センサーといったiPad特有の機能から自然と浮かびそうなものを挙げただけなんですがね。いずれも時間が立てば森田将棋や柿木将棋で取り入れらそうな気がします(最後の一つはわかりませんが^^;)。


加藤九段がiPadで指せばバチン!と部屋中に駒音が響き渡るんでしょうね・・・。いや、その前にiPad壊れちゃうかもw



*1 こういった機能はiPhoneにもあるが、縦横の機体寸法が、iPhoneはA7くらい、iPadはA4とA5の間くらいと、iPadの方がより将棋が指しやすい大きさになっている。


ラベル:将棋 iPAD
posted by きらり at 23:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。