2010年03月30日

第15期24名人戦 ― さよなら、そしてありがとう

3月28日、24名人戦最終日。現在、勝ち点39点の17位。
16位以下の中では対局数最多だったので名将は獲得できる位置にいましたが、竜馬を獲得するには少なくとも1回の対局をしなければなりません。

しかし名人戦も終わりに近づくにつれ、対局数の多い人と少ない人の二極化になっていました。つまり私が指していない相手は、他の大勢にとっても指していない相手なのです。
それは、私が指していない相手が大阪道場に現れ待ちにしいても必ずしも対局できないことを意味します。実際、26日、27日にはまだ指したことのない相手に挑戦したのにも拘らず断られてしまうことが多々ありました。まさに挑戦合戦です。

21時15分頃、私が大阪道場へログインしてしばらくすると、まだ私が指していない人が待ちにしていました。もちろんすかさず挑戦。しかし残念ながら断られてしまいました。やはり競争率が半端なく高いのです。
でもまだチャンスは残っています。その人の対局が終わった後に再度その人が待ちにするのを待てばいいのです。しかしその期待は見事に裏切られました。なんとその人は大阪道場を去っていたのです。

お、俺の春は終わった・・・。
半ば諦めモードで大生の将棋を観戦しながらのんびりと待つことにしました。

23時すぎ、残り1時間を切り他の人の対局状況を見ていると、何と自分の名将まで危うくなっていることに気付きました。もう駄目かなあと思いつつ、このままPCの画面にかじり付いていても仕方が無いと思い、のんびりと風呂に入りることに決めました。

負け越ししてるんだから普通に私は竜馬を獲得する器では無かったんだな・・・。来年頑張ろうっと。そんなことを考えながらチューハイを飲み、テキサスバーガーを食べながら本を読んでいました。
う〜ん苦しい・・・、ちょっと食いすぎたかな・・・w。

ふと時計を見ると23時54分。さて24名人戦はどうなってるかな、と対局室を覗いてみると、何とまだ指してない相手が待ちにしているではないですか!慌ててこちらも待ちにして挑戦します。するとすんなりOK。なんたる幸運!これに勝てば竜馬のタイトルを獲得できる!それを考えると否が応でも気持ちが高ぶってきました。しかし棒銀で角頭を攻められ、仕方なくこちらも角交換で応戦。居玉のまま戦いが始まってしまいました。

これはちょっと駄目かなあ、名将でもいいか・・・。
気持ちが萎え始めたその時、名人戦で一緒に戦った四段bリーグの人たちや狼将棋の人たち(全部で20数名いたでしょうか)が観戦に来てくれたのです。これは絶対に負けられない!気持ちが再燃してきました。

収拾がつかない状況になったときは、収拾をつけなければいい。by kirari

相手の手に乗って銀を前進したり、歩で馬道を封じたりと、攻めと受けの狭間で悪あがきをしていきます。そして、何とか竜が成り込むと、相手に受け間違いがありました。すかさず寄せに持ち込みます。最後の詰みのときは秒読みで頭が真っ白になりかけましたが、何とか勝つことが出来ました。この辺りのところは亀さんがもっとドラマチックに書いてくれてるのでそちらも是非読んでみてください。

10勝12敗勝ち点42点 順位 14位

6連敗から始まった名人戦本戦でしたが、徐々に調子を取り戻し最後は辛くも竜馬を獲得することが出来ました。棋力向上もさることながら他に多くのことを得ることが出来、名人戦に出場して心から良かったと思います。そして、応援してくださった皆さん、本当に有難う御座いました!



おい、24名人戦!わしゃ来年も出るきに、待っちゅうぜよ!
posted by きらり at 23:10| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

きらりの頭脳 ― 目次

    序盤編
      序盤の考え方
      定跡
    中盤編
      中盤の考え方
      形勢判断
      手筋
    終盤編
      終盤の考え方
      寄せ
        詰将棋

ありきたりですがこんな内容を書いていけたらなあと・・・。更新の頻度としては日記的な記事の合間にちょこちょこ挟む感じでのんびりとやっていくつもりです。

あと、講座とは銘打ってますが、あくまで一個人の考えを書いただけでこれが絶対というわけではないので、読むときはそこに注意して読んでください^^;

タグ:将棋講座
posted by きらり at 21:33| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今から将棋講座を始めます

ある日、ふとこんなことを思い立ちました。

「将棋を指したら指しっぱなし、自戦記を書いたら書きっぱなし。しかしこれじゃ駄目だなぁ。もっと自分の知識や考えを整理していかなあかんなぁ。将棋講座でも書いてみるか・・・。」

考えを文章化するのが下手な私に講座なんて書けるのかという思いもありますが、書いてみて駄目だったらやめればいいwという無責任なことを言いつつとりあえず始めてみることにします。

講座のタイトルは、某Hの頭脳をリスペクトした某Mの頭脳をリスペクトした某Sの頭脳をリスペクトして、、、

きらりの頭脳

さて、キックオフです。
タグ:将棋講座
posted by きらり at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

24名人戦、このままではまずい・・・

3/26現在(開始前) 17位 勝ち点36点
残り対局日 3日(3/26〜3/28)

15位の人が勝ち点39点なので少なくとも2回は対局しておきたいところですが、、、指す相手がいない・・・。
posted by きらり at 21:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

キャラクタ型ツイッタービューア

最近ツイッターが流行ってるみたいですね。まるで2chのように今思っていること等を一言でつぶやけるというこのサービス、ブログより手軽ということで急速に会員数を伸ばしてるようです。ハロプロではスマイレージが始めましたし、一般の人でもやってるという方は多いのではないでしょうか。

自分はまだブログでぼちぼちやればいいと思ってますし、ネットとリアルには明確な線引きをしているのでやろうとは思わないですが、著名人等のリアルタイムな情報を収集するには有効なツールであることは間違いないので、それらを効率良く情報収集したいものです。

Twitterでは正式にAPIが公開されてますし、それを利用したツイッタークライアントツールも探せばたくさんあるようですが、どうせならとこんなものを作ってみました。

blogup_003_1.png

まだ試作段階なので、1つのキャラクターで1つのアプリケーション(つまり4人なので4アプリ起動)になっています。またメッセージの背景色はそれぞれのイメージカラーに^^。

今は一人分の最新のメッセージを表示するだけの機能しかないですが、いつかはメーラーのように複数人からの膨大なメッセージを効率良く管理できるようにしたいものです。でも100人分の著名人のキャラクタとか表示させたらデスクトップを埋め尽くしちゃって訳分からなくなりそうですね・・・。
posted by きらり at 22:24| Comment(0) | 開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

24名人戦途中経過

3/14終了時点 8勝11敗(勝ち点35:順位は多分15位くらい?14位[3/21更新]

本戦開幕時に比べると調子を取り戻している気はします。この勝率のまま対局さえ消化すればおそらく優勝できると思うので残りの2週間が勝負ですね。たまった棋譜の検討については・・・名人戦が終わった後にでもやろうかな・・・。とにかく今は前進あるのみ!
posted by きらり at 01:09| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月12日

遊び駒とは一緒に遊ぶべきか否か・・・

第13期狼将棋リーグ優勝決定戦。前回の12期では優勝を目前にして敗れており、また一度リーグ本戦で敗れている安倍さんが相手なので、否が応でも気持ちが高ぶっていました。

戦型はまさかの相振り飛車。安倍さんは居飛車党で、相振りは私が最も得意とするフィールドであり、安倍さんが飛車を振らなければ絶対この戦型にはならないのですが、リーグでぶつけてくるあたり安倍さんの未知の領域に挑戦しようとする意思が感じられます。

それでも序盤は互角どころか私の方がやや不利となってしまいました。



上図は▲6七銀と打った手に対して△5七飛成と強行してきたところです。本譜はこの後、▲同金△同桂成▲7六銀となり、さらにその次の△5六銀が少し重たかったらしく、また▲3二飛の攻防の手で辛うじて凌いだりして何とか勝つことが出来ました。

感想戦では△5七飛成が少し乱暴すぎで△5二飛とじっくり引いておいて後手良しという結論になりましたが、この変化でもまだまだ後手優勢だったようです。△5七龍以下、本譜と同じく▲同金△同桂成▲7六銀の後、△5六成桂とするのが良いようです。次の△6六成桂がすこぶる厳しく、しかもそれを防ぐ適当な受けがありません。



7六の銀や7七の角はいわゆる遊び駒で、これに触らずに勝てるならそれが一番良いのですが、この場合すぐに攻めの主力である8八の飛車にも当たってくるので、まさに絶好のB面攻撃(玉を攻めずに攻め駒を攻める)になっています。

ただ相手にしなくてもいい遊び駒を相手にしたため手負けしたなんてことも頻繁に起こる(むしろそっちの方が多い?)ことなので、玉の囲いや攻め駒の戦力を総合的に判断して決めないといけませんね。

何はともあれ、リーグ戦初優勝。ここまで来るのに長かった・・・。次回のリーグ戦も楽しんで指していきましょー。

posted by きらり at 23:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

小春はまだまだ現役です!

発売日から少し遅れて買ったナインスマイル(モーニング娘。2009秋コン)のDVDを今日ようやく見ました。
どの曲も良かったのですがその中から特に良かった曲についてコメントを少々。


3、2、1 BREAKIN'OUT!
某コンテストのせいで何百回と聞かされたためか、娘カップリング曲の中では一番好きな曲。落ち着いたノリがいい感じ。

なんちゃって恋愛
小春の「気がつけば、色気も出てきてるみた〜い」のところはいつ聞いてもそそられます・・・。

すき焼き
小春にはこういう曲が似合いますね。ガキさんが本当に楽しそうですw

春ビューティフルエブリデイ
ほのぼのとした春の曲。えりりんの声はいつ聞いても癒されます。

さくら満開、友情〜心のブスにはならねぇ
さくら組、おとめ組の曲は完成度が高い曲ばかりで全部好きです。小春、みっつぃー、ジュンジュン、リンリンのグループ振り分けは順当なところですね。えりりんの「だからねー、告白したら抱きしめて〜」のところはいつ聞いてもそそられます・・・。

女子かしまし物語
歌詞とはいえ、みっつぃーが小春を呼び捨てにしたのが少しドキッとしましたw

リゾナントブルー
自分がハロプロにはまるきっかけになった曲。非常にカッコいい曲調で、某スレである妄想が続いてるように何か物語を連想させるようなそんな曲です。

レインボーピンク
本コンサートにおけるMVP。小春が卒業メモリアルDVDでやりたい言ってた夢が実現しました。さゆが泣きそうになってるのを見て自分も泣きそうになりました・・・。

ふるさと
小春はアップテンポな曲がよく似合いますが、本当に輝くのはバラードのときです。「歌は上手いか下手ではない、良いか悪いかなんだ」という言葉がしっくりきます。。。「流れ星を見たら何を祈ろかな」の部分が、小春が月島きらりとしてデビューし彗星のごとく過ぎ去った3年間をイメージして何かせつなくなりました・・・。


その他、記憶の迷路、歩いてる、しょうがない夢追い人なんかも良かったです。卒業セレモニーは全体的に少しグダグダな感じでしたが、良くも悪くも小春らしさが出ていました。小春とジュンジュンの卒業コントは最高ですね!

小春ヲタだからこそここまで楽しめたのかもしれませんが、ハロヲタなら是非持っておきたい一枚です。

posted by きらり at 21:49| Comment(2) | ハロプロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

駒得のときは終盤度を下げよ

昨日は狼将棋リーグで安倍さんとの対局がありました。残念ながら負けてしまいましたが、矢倉で真っ向からぶつかっていって負かされたのでまあ仕方の無いところでしょう。

棋譜をコンピュータに解析させてみたところ、ほとんどずっと先手優勢(私が後手番)だったようです。唯一後手有利を示したのが50手目の局面(下図)。



私はここで5六銀と打ったのですが、見事に悪手判定をいただきました・・・。COMが形成判断で駒の損得を最重視することを考えに入れても、図の局面では互角以上だと思うので何か他の手を考えてみたいものです。感想戦では、亀さんが「攻める手ではなく受ける手を考えてみてはどうか」と指摘してたんですが、COMも6四金のような手を候補手としてあげており、図の局面で受けに回るのはなるほどといったところです。確かに7四の銀が遊んでおり、囲いも後手玉の方が薄いので攻め合うべきでは無いのかもしれません。

コンピュータ将棋にある考え方として終盤度というものがあるのですが、終盤度が低いほど駒の損得が重視され、終盤度が高いほど駒の働きや玉の囲いの堅さが重視されます。駒得した局面ではスピードのある手を指す(終盤度を上げる)のでは無く、ゆっくり遊び駒を無くしつつ玉の囲いを整えるようなそういう手を指すべきなのです。

第13期狼将棋リーグも残すところ優勝決定戦のみ。再度安倍さんとの対局となるわけですが、次は是非リベンジしたいものです。
posted by きらり at 00:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

プロの将棋に光明を見出す

第68期A級順位戦は全対局終了し、三浦さんが挑戦者に決まりましたね。佐藤さん、井上さんは残念でした。でも最近の羽生さんと三浦さんの対戦成績をみるとほぼ羽生さんの名人防衛に間違いないみたいですね。来期はついに竜王がA級に上がってくるので名人挑戦、奪取までしてしまうのでしょうか。

ところで私は最近までプロの将棋というものに興味が無く、しかも棋書もあまり読まなかったので、私に将棋を教えてくれる人は専ら対局相手か自分だけでした。シリコンバレーにある会社の社長であり将棋ファンとしても有名な梅田望夫さんの言葉でいうところの”指さない将棋ファン”とまるっきり正反対の”指すだけの将棋ファン”であったわけです。

しかし最近はどうも自分の序盤戦法のバリエーションの無さや形成判断力の乏しさに限界を感じてきていて、プロの将棋を見ることがその対策にならないかとそう考えてます。今期のA級順位戦にしても結果だけ知って棋譜を全く見てないので、もう少し見るようにしたいものです。少しずつ興味は出始めているのであときっかけだけですね。

手始めにNHK杯を毎週見るくらいはしようかなぁ・・・。

タグ:将棋 プロ
posted by きらり at 23:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。